私は看護師、今日も休みなし


看護師の仕事、一生懸命がんばります。
by did2zuaive
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫 品薄の消毒剤、和歌山県が無料配布 全飼育農家に(産経新聞)

 口蹄(こうてい)疫の感染を防ぐため和歌山県の仁坂吉伸知事は25日、牛や豚などの偶蹄類を飼育する県内の農場146戸すべてに無償で消毒剤を配布すると発表した。6月上旬から3回に分け消毒剤の原液1140キロを配り、県内約8700頭の牛や豚を感染から守る。

 和歌山県では、他県から生後10カ月程度の子牛を買い入れ、県内で約2年育てて独自ブランドの「熊野牛」などとして出荷。県内の熊野牛は約2800頭で、母牛や子を除く約2千頭が肥育牛として育てられており、うち約450頭(約25%)が宮崎県産。豚は約3800頭を飼育している。

 「消毒剤は全国的に品薄で、手に入りにくいと聞いている」(県畜産課)として配布する。

【関連記事】
「再出発、気が遠くなる」 殺処分に不安漏らす農家
口蹄疫こんなに拡大した理由は? 10年前の殺処分735頭
「救いたい」種牛49頭めぐり東国原知事vs副大臣バトル
口蹄疫 牛肉高騰の兆しに百貨店ピリピリ
こてっちゃんのエスフーズ、東国原知事に義援金8千万
虐待が子供に与える「傷」とは?

<平塚タクシー強殺>駅乗車の客が事件に関与疑い(毎日新聞)
前原国交相、リコール制度見直しに「消費者委員会に協力したい」(レスポンス)
一括交付金の使途、各省横断で=鳩山首相「個所付け廃止」―地域主権会議(時事通信)
あかつき打ち上げ 地球の姉妹星探る 大気成分、風向きなど明らかに(産経新聞)
【虐待はどんな傷を残すのか】(3)ネグレクトからの救出(産経新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-05-29 11:41
<< <カード現金化>トラブル急増 ... 劇場効果もそろそろ限界? 来場... >>