私は看護師、今日も休みなし


看護師の仕事、一生懸命がんばります。
by did2zuaive
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 54 )


<金賢姫元死刑囚>中井公安委員長、特例入国を要請(毎日新聞)

 中井洽国家公安委員長は18日、国家公安委員会後の会見で、大韓航空機爆破事件の実行犯である金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚が横田めぐみさんに「会った」と証言したことに関連し、特例で招致したい意向を示し、法務省と警察庁に要請したことを明らかにした。

 金元死刑囚は87年の爆破事件当時、偽造旅券を持っており、日本で旅券法違反に問われる可能性があるが、海外にいるため時効は成立していない。

 めぐみさんの両親が金元死刑囚との面会を望んでおり、既に韓国政府に招致の意向を伝えた。中井国家公安委員長は「警察や法務省に入国しても支障がない対応を要請した」と話した。

 金元死刑囚は昨年5月ごろ、訪韓した政府関係者に「80年代初めに平壌の招待所で、めぐみさんに会ったことがある」と証言したとされる。【長野宏美】

【関連ニュース】
警察庁:若い女性の防犯対策、不動産業界に呼びかけ
金元死刑囚:めぐみさんに「会った」と証言…中井担当相
人事:警察庁(15日)
人事:警察庁(15日)
コンビニ強盗:景気悪化影響か46%増 警察庁まとめ

娘を売り物にした母親たち 1歳女児まで餌食にした男の欲望(産経新聞)
英国の33歳女性、18回流産乗り越え出産(スポーツ報知)
直接支払制度の猶予継続を検討―厚労省(医療介護CBニュース)
現行法の解釈で業務範囲拡大を―チーム医療協議会(医療介護CBニュース)
競技中ですが、美帆ちゃん高校入試合格!(読売新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-02-23 15:32

巨人・加治前のグラブなどを盗んだ男逮捕(読売新聞)

 神奈川県警座間署は15日、住所不定、無職徳本孝之被告(41)(覚せい剤取締法違反で起訴)を窃盗容疑で逮捕した。

 発表によると、徳本被告は1月22日午前5時頃、同県厚木市中町のコインパーキングで、読売巨人軍の加治前竜一外野手(24)の乗用車のリアガラスなどをハンマーでたたき割り、車内からバットや野球グラブ、スパイクなど計38点(約30万円相当)を盗んだ疑い。徳本被告は容疑を認めているという。

 同署は1月22日午後、徳本被告を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕し、車から野球グラブなどが見つかったため、窃盗容疑についても調べていた。

 さらに同署は、徳本被告が車上荒らしや自動車盗を約200件繰り返していたとみて余罪を調べている。

「日本国籍者に限定を」 参政権問題で国家基本問題研究所が提言(産経新聞)
2職員を追加処分=コメ調査虚偽報告−農水省(時事通信)
郵便不正 凛の会元会長に1年6月求刑 大阪地裁 「口添え依頼など役割重大」(産経新聞)
低い死亡率、少ない妊婦患者―新型フル、日本は特異?(医療介護CBニュース)
相武紗季さん、都内で追突事故 昨年の交通安全ポスターに起用(産経新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-02-22 16:19

<強制わいせつ>元Jリーガー逮捕 容疑を否認(毎日新聞)

 元サッカーJリーグ選手の茂原岳人容疑者(28)が強盗と強制わいせつ容疑で警視庁渋谷署に逮捕されていたことが分かった。

 逮捕容疑は、昨年12月中旬の未明、東京都渋谷区松濤1の駐車場に、通りがかりの少女(19)を連れ込みわいせつな行為をしたうえ、現金数万円入りの財布を奪ったとしている。同署によると、茂原容疑者は「行為は合意のうえで、財布も取っていない」と容疑を否認しているという。

 同署によると、現場の遺留物のDNA型が茂原容疑者と一致した。同署が2月上旬に指名手配し、同12日に山梨県内で確保した。

 茂原容疑者はJリーグ川崎フロンターレなどに在籍。08年には日本代表候補にも選ばれた。【古関俊樹】

【関連ニュース】
児童ポルノ:DVD複製・販売 6容疑者逮捕
公然陳列容疑:公共のPC使いポルノサイト開設 少年逮捕
痴漢容疑:非番の女性巡査に 47歳逮捕 埼玉の電車内
子供への性犯罪:教員の摘発が増加 2年で88人
強盗強姦:女性6人暴行の被告に懲役18年 地裁小倉支部

合成麻薬使用の歌手・詩音被告に刑猶予 横浜地裁(産経新聞)
検疫などインフル対策を検証へ=政府本部、厚労省(時事通信)
<党首討論>政策論議置き去り 「政治とカネ」新味なく(毎日新聞)
容疑の元Jリーガー逮捕=少女にわいせつ、金奪う−警視庁(時事通信)
USTR代表補と会談へ=郵政改革で−内閣府副大臣(時事通信)
[PR]

by did2zuaive | 2010-02-21 11:17

公共事業仮配分で600億円増 前原国交相「党の要望」否定(産経新聞)

 前原国土交通相は16日午前の閣議後記者会見で、民主党が予算成立前に流出させた平成22年度公共事業の予算配分(個所付け)の仮配分の総額が、昨年末の国交省概算要求額よりも約600億円増額したことを明らかにした。増額は、民主党の参院選対策(今夏)との指摘が出ている。

 これに対し前原氏は「今年に限って、直轄事業負担金の維持管理費の一部を残すことになったので、増額分が出た。(民主党の)要望を受けて増額したということではない」と否定した。

 また、予算額を増額した事業については知事・県連の両方が要望した事業が73、県連のみ要望が76、知事のみ要望が37、要望がなかったものが17だと明かした。549事業のうち203事業で増額しており、全事業の36・9%で増額したことになる。

【関連記事】
個所付け資料漏洩に前原氏「非常に遺憾」 自民「偽資料事件だ」
要望部分削った?個所付け資料判明
「資料出す」「お前、待て」民主、個所付けめぐり国会で怒鳴りあい
与党が「個所付け」資料提出拒否 自民は審議拒否も
自民が「ポスト鳩山」を狙い撃ち 菅、前原、原口各氏…必死の防戦

バンドメンバーら7人死傷=「我羇道」、新名神で横転事故−滋賀(時事通信)
岡田外相が19日から豪州訪問(産経新聞)
【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 初の予算編成及第点(産経新聞)
9人の救出不可能 たまゆら火災、実験で確認(産経新聞)
国の借金、最大の871兆円=国民1人当たり684万円−09年末(時事通信)
[PR]

by did2zuaive | 2010-02-20 01:36

下着、部屋着をおしゃれに せめて家の中では…値ごろ感で人気(産経新聞)

 服同様に下着や部屋着もファッション感覚で楽しむ人が増えている。不況で外出せずに自宅で過ごす“巣ごもり”の増加で、服より値段が手ごろなルームウエアが注目されているようだ。寒い日でも色や柄で春の気分を味わえるのも魅力だ。(小川真由美)

 ◆大胆な色や柄

 西武池袋本店(東京都豊島区)では、「キッドブルー」や「ツモリチサト」のルームウエアが20〜40代を中心に人気を集めている。特徴は、ブラジャーやショーツの下着以外に部屋着やパジャマ、タオルなどの雑貨までコーディネートできる点。この春は水色や濃い青などブルー系が多く、デザインはデニム風の生地やストライプ、手書き風のイラストなどさまざま。手持ちのレギンスと合わせやすいチュニック風のワンピースが特に人気だという。西東京市の女性会社員(43)は「かわいいデザインは服では年齢的に無理だけれど、下着ならOKかな」と笑う。

 ルームウエアの中心客単価は8千〜1万円。2万円以上の高級バスローブも売り上げが前年同期の2倍で堅調だ。鈴木佳子係長は「節約で外出着は買えないが、せめて家の中だけでも自分の好きなものを着たいと感じている女性は増えている」と話す。

 50代前後も洋服感覚で下着を楽しむ人が目立ち始めている。

 ワコール(京都市)の独自ブランド「パルファージュ」は、休日は大きめのリボンが付いたもの、デートのときは赤、黒、白の生地に大きな花の縫い取りなどシーン別に下着のデザインを提案している。職種や年齢、体形で限定される服装と違い、大胆な色や柄を選びやすい下着の特性を強調した格好だ。ビューティーアドバイザーの信田公子さんは「中高年女性もベージュ色で体形補正の下着を選ぶ人は少なくなり、素材やデザインにこだわる人が増えている」と話す。下着は手に取った印象と着用時では見た目が変わるので、購入前に試着した方がよい。

 ◆ペアで楽しむ

 一方、グンゼ(大阪市)は今月3日、主要ブランド「ボディワイルド」初の直営店「ボディワイルド アンダーウェーブ」を東京・原宿に開いた。ボクサーパンツの生地、腰ゴム、ポケットの柄を各100色用意。最大で100万通りのカスタマイズが可能だ。大釜で数百枚分をまとめて染める従来の工程ではなく、数枚単位で染める小型染色機を開発。少量生産を可能にし、デザインの細分化を実現した。

 店内に展示された色見本を見ながら専用パソコンで組み合わせを選んで注文すると、その場でスタッフが腰ゴムとポケットを縫製し、購入できる(1枚2100円、男女ペアで3150円)。店内には女性のトップスも展開。雑貨やカフェも併設し、閉鎖的な印象の下着売り場のイメージを一新した。

 新規事業開発室の竹内哲也室長は「1年365日、下着を着けない日はない。もっとアンダーウエアを楽しんでほしい」と話している。

私は除籍なのに…元民主の浅尾氏が石川被告との違いをぼやく(産経新聞)
「職責全うしたい」石川氏、議員辞職は否定(読売新聞)
<郵便不正>村木元局長の指示否定、上村被告前任の元係長(毎日新聞)
雪でスリップの車はみ出し正面衝突、2人死亡(読売新聞)
民主政調復活を否定=首相(時事通信)
[PR]

by did2zuaive | 2010-02-19 00:53

交通事故 米子自動車道で正面衝突…3人死亡、4人重傷(毎日新聞)

 14日午後9時40分ごろ、鳥取県伯耆(ほうき)町金屋谷の米子自動車道で、摂南大学薬学部(大阪府枚方市)の3年生5人が乗った乗用車とワンボックス車が正面衝突し、摂南大生3人が死亡した。残る学生2人とワンボックス車の夫婦2人もそれぞれ重傷。大学生5人は日帰りで大山スキー場に行き、大阪方面に帰る途中だったという。

 県警高速道路交通警察隊の調べでは、亡くなったのは大阪府枚方市北山1の三輪貴大さん(21)▽同市長尾家具町3、小山雄作さん(21)▽京都市左京区岩倉下在地町、佐々政彦さん(21)の3人。大阪府枚方市町楠葉1の片岡正晴さん(21)と同茨木市耳原3の辻是道さん(22)が重傷。ワンボックス車を運転していた松江市岡本町の農協職員、三島滋夫さん(50)と妻千幸さん(49)も重傷を負った。摂南大生の乗用車はレンタカーだった。

 現場は溝口インターチェンジの南約400メートル。片側1車線の対面通行で、ほぼ直線。中央分離帯はなく、中央線に数メートルおきにポールが立てられている。乗用車は中央線付近で横転。ワンボックス車は側壁に後部から乗り上げて止まった。事故当時、現場の天候は曇りで、路面は乾いていたという。

 同隊が事故原因を調べている。【小松原弘人】

【関連ニュース】
<交通事故>実家帰省中に衝突、婚約の2人死亡 1人重体−−秋田・湯沢
<秋田の死傷事故>婚姻届出す直前に 「信じられない」 /秋田
<バス接触>運転手、意識失う 乗客2人が操作
<交通事故>13トン車に追突、運転手死亡 伊勢湾岸道
<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原

<窃盗>カーナビ被害件数、過去最多に 高級車盗も大幅増加(毎日新聞)
【Web】「男前社長」の求人広告がネットで人気(産経新聞)
北教祖 日教組の牙城、突き上げ放題(産経新聞)
無償化…私立高、逆に競争率上昇 関西3府県で入試始まる(産経新聞)
不況に夢「家のローン一括返済」 グリーンジャンボ宝くじ発売(産経新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-02-18 00:51

【ネット番記者】「モノサシスト」の演奏(産経新聞)

 机のふちに定規を置いて左手で押さえ、右手で弾くと、「ベンベンベン」とウッドベースのような音がする。定規の位置をずらして弾くと音程が変わり、メロディーが生まれる。

 動画投稿サイト「ニコニコ動画」では、そんな遊び心で定規を奏でる「モノサシスト」たちが登場し、クラシックやアニメの人気曲を披露。どこかほっとする音色が人気を呼び、ついには「エレキモノサシ」を自作するユーザーまで現れた。

 このブームを受けてか、ネット通販サイト「Amazon」では、モノサシスト推奨の金属製定規に「よく響くキレイな低音は鳥肌もの」「耳元で優しく、しかもちゃんと遠くに響きが伝達する音色です」などのレビューがつき、500人以上が「参考になった」と評価。購入者も多数現れ、“測り知れない”展開を見せている。

 金属製定規を作っているシンワ測定(新潟県三条市)では、「本来、長さを測る道具としてものさしを供給していますが、全く別な使われ方、楽しみ方に大変驚いています。過去にゲーム機コントローラーの早打ちに、当該製品の弾性による振動を利用された例がありました。当社の想定しない使われ方ではありますが、製品をご利用いただいている事について、有り難く思っています」とコメントしている。(織田淳嗣)

                   ◇

 nicovideo.jp/watch/sm8531015

核軍縮で共同宣言へ=「非保有国には使用禁止」−日豪(時事通信)
<毎日映画コンクール>「川崎舞台」華やかに(毎日新聞)
<足利事件>検察側が無罪論告 菅家さんに謝罪(毎日新聞)
「トラブル聞かないが…」=震える近隣住民−宮城県石巻市(時事通信)
【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】ウーノ フォグバー 資生堂(産経新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-02-17 01:23

喫煙中高生の3割、家族などの「タスポ」使用(読売新聞)

 喫煙する中高生の3割は、未成年の喫煙防止を目的に導入されたカード「タスポ」を使ってたばこを購入していることが、厚生労働省研究班(主任研究者=大井田隆・日本大学教授)の調査でわかった。

 そのうち4割近くが、タスポを家から持ち出したり家族から借りたりしていた。

 研究班は2008年秋、全国の中学、高校240校を対象に、喫煙などについて調査した。172校の生徒9万6000人から回答を得た。

 自動販売機で成人を証明するタスポが必要になったことについて、月1回以上喫煙する生徒の61%が「たばこが買いにくくなった」と答えたが、29%はタスポを使って購入したことがあると回答。毎日喫煙する生徒では、タスポの使用率は42%にものぼった。

 タスポの入手方法は、「家にあるカードを持ち出した」が15%、「家族から借りた」が22%で、「自分で手続きした」のも7・9%あった。

 月に1回以上喫煙する生徒は、中学生男子2・9%、同女子2・0%、高校生男子9・8%、同女子4・5%だった。いずれも、12年前の調査(中学生男子11%、同女子4・9%、高校生男子31%、同女子13%)に比べて、大幅に減少した。

 大井田教授は「喫煙が格好よいと思われなくなり、未成年の喫煙は着実に減っている。タスポに一定の効果はあるが、家族の協力が大切だ」と話している。

違反切符を破棄、消防士逮捕=シートベルト未装着−広島県警(時事通信)
上野動物園にパンダ=11年に中国から2頭−東京都(時事通信)
<北沢防衛相>沖縄駐留の重要性を強調…衆院予算委(毎日新聞)
雑記帳 ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)
<個所付け>政府・民主党、資料提出へ 「内示額」のみ (毎日新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-02-16 00:25

山スキーで不明の男性4人発見…栂池高原(読売新聞)

 長野県小谷(おたり)村の栂池(つがいけ)高原へ13日から山スキーに出かけたまま、行方が分からなくなっていた男性4人は、14日午前8時50分過ぎ、新潟県糸魚川市の「蓮華(れんげ)温泉」北側の山中で発見された。

 1人が体調不良を訴えているものの、全員、命には別条はないという。

 県警が同日午前8時頃から、ヘリコプターで捜索を開始。上空から声を掛けたところ、応答があった。

 4人は、いずれも会社員の富山市婦中町、井上和彦さん(40)、同市大町、杉林功考さん(27)、同市上大久保、高尾宙樹さん(40)、富山県滑川市追分、松田謙司さん(40)。

<毎日育英会奨学生>卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)
「反小沢系」枝野氏、行政刷新相に(読売新聞)
<枝野幸男氏>行政刷新相に 仙谷氏は国家戦略担当相に専念(毎日新聞)
規正法違反、石川議員ら3人起訴…小沢氏は不起訴(読売新聞)
授業料滞納世帯に無利子貸し付け=高校生の今春卒業を支援−厚労省(時事通信)
[PR]

by did2zuaive | 2010-02-14 19:02

【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(下)】「私は健常者」「愛犬のあだ討ちでき、ま・ん・ぞ・く」 最後まで独自論理を展開(産経新聞)

 (13:10〜13:18)

 《最終弁論で小泉毅被告(48)の「人間性の豊かさ」や「心の弱さ」を強調する弁護人。元厚生次官の吉原健二さんの妻、靖子さんを襲った際、命ごいを受けて殺害をためらった姿を強調する》

[フォト]小泉毅被告が弁護人を通じて報道陣に配布したメッセージ

 弁護人「検察官は被告が極悪非道だと断じていますが、靖子さんが命ごいをするのを前にして、許すべきかどうか迷って混乱してしまいました」

 弁護人「また、被告人質問で、『やったことは後悔していないが、私のやったことで両親や兄弟がつらい思いをしているなら、私を責めてほしい、私につらい思いを渡してほしい』とも述べています。被告を極悪非道と断じないでほしい。被告の内面には豊かな人間性があることが分からなければ、量刑を正しく判断することはできないと考えます」

 《そして弁護人は、最後にこう結んだ》

 「豊かな人間性があるからこそ、遺族のやりきれない気持ちに気づくのです。裁判所が被告人の完全責任能力を認めたとしても、被告の豊かな人間性は、死刑選択を踏みとどまらせる最後の事情になるはずです」

 《弁護人は、最終弁論を終えた。最後に行われるのは小泉被告の最終意見陳述だ。伝田喜久裁判長が口を開く》

 裁判長「これで検察官、弁護人とも最後の審理が終わりました。被告人は何か述べることはありませんか」

 《弁護人の前の長いすに刑務官に挟まれて座っていた小泉被告は、裁判長に促されると立ち上がり、着ていた白いジャンパーを脱いで証言台の前に立った》

 被告「まず意見を述べる前に…」

 《静かな口調で語り始めた小泉被告だが、急に声を張り上げる》

 被告「当時、事件の後、そして今も、私は心身共に健康な健常者です」

 《静かだった法廷の空気は、突然の大声で一変する。弁護人が弁護のために展開した「被告は妄想性障害」「心神喪失か心神耗弱」という主張を、自ら否定しているようだ。小泉被告は、演説をぶつような、大きなはっきりとした声で独自の論理を展開していく》

 被告「人は身勝手な理由をこじつけ、さまざまな動物を殺している。国は、毎日毎日行っている邪悪で残忍な虐殺を、身勝手な法律を作り正当化している。厚生官僚どもの大罪は万死に値する」

 《「身勝手な」「万死に」といった言葉を強調する小泉被告》

 被告「環境省までも動物愛護の名のもとに虐殺している。この国では尊い命のペットがゴミ扱いされている。死して朽ち果てようとも官僚の大罪を許さない。34年間思ってきたことがやっと実現でき、満足しています。計画では4匹のところ1匹しかできず残念に思っている」

 《「満足」という言葉を「ま・ん・ぞ・く」と、一音ずつ強調する小泉被告。しかし、「4匹」「1匹」という言葉遣いは異様だ。元厚生次官ら元高級官僚ら4人を殺害しようとして、山口剛彦さんしか殺害できなかったと言いたいようだ》

 「生まれ変わったら、もっと多くのマモノを殺したい。そして何度も何度も何度も何度も、輪廻転生(りんねてんしょう)を繰り返してやつらを皆殺しにし、チロの無念を、そしていまだに虐殺している動物たちの無念を晴らしたい」

 《「何度も」を4回も繰り返し、大きく強調して述べる小泉被告》

 「終わりに、心の中が人間のエゴで満たされている人間には私のことは理解できない。以上」

 《最後に、「以上」の語尾を「いじょーーー」と延ばした小泉被告の声が法廷に響き、最終意見陳述は終わった。裁判長が閉廷を宣言すると、小泉被告は、傍聴席に座る遺族らに目を向けることなく、表情も全く変えずに法廷を後にした》

【関連記事】
元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(中)「極悪非道な『ふり』をしているだけ」 弁護人、人間性強調
元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(上)被告は心神喪失か耗弱 弁護人、検察側鑑定を厳しく批判
「自らの命をもって償う以外にない」そのとき被告は体をねじり…
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官
元厚生次官ら連続殺傷 弁護側の精神鑑定を却下 被告は「心臓めがけて狙った」

主流派vs知名度…日弁連会長選、初の再投票(読売新聞)
<将棋>久保棋王が勝利 A級へ昇格決定(毎日新聞)
翌年度納入・差し替え…横浜市不正経理3億円(読売新聞)
法大の入試を妨害した疑い 中核派活動家6人を逮捕(産経新聞)
宮古・八重山地方で震度3 震源は石垣島近海(産経新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-02-13 01:16