私は看護師、今日も休みなし


看護師の仕事、一生懸命がんばります。
by did2zuaive
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


日米非公式会談、記録残さず=岡田外相認める、自民は批判(時事通信)

 岡田克也外相は27日午前の参院外交防衛委員会で、ワシントンでの核安全保障サミットの際に行われた鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領との非公式会談に関し、「ディナー(夕食会)の席で、通訳以外は入っていない。メモを取る要員は入れていない」と述べ、日本側として会談記録を残していないことを明らかにした。自民党の山本一太氏への答弁。
 日米首脳が米軍普天間飛行場移設などの懸案について話し合った会談の正確な記録がないことで、普天間をめぐる日米交渉の経緯があいまいになる可能性がある。委員会で山本氏は、「日米の首脳が会ったのにメモを取らないことはあり得ない。後で検証ができない」と厳しく批判した。
 非公式会談をめぐり首相は、大統領が「きちんと最後まで実現できるのか」と発言したとする一部報道を否定する一方、大統領の発言内容を明らかにしていない。 

【関連ニュース】
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

自由だけど寂しい「おひとりさま」(産経新聞)
脱線事故5年 思い出の地の砂を長男手作りの茶碗に 遺族の菅尾さん(産経新聞)
コラ!小学校でチューリップ200本折られる(読売新聞)
「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分(医療介護CBニュース)
トイレに拳銃置き忘れ=鉄道警察隊の女性巡査長−兵庫(時事通信)
[PR]

by did2zuaive | 2010-04-27 16:56

ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ(産経新聞)

 ストーカーなど男女間のトラブルが殺人事件に発展するケースが相次いだことを受け、警察庁は被害者の身に危機が迫っている場合には被害届が提出されなくても、加害者を障害や暴行の容疑で逮捕するなど、積極的な捜査を行うことを盛り込んだ指針をまとめ、週明けに全国の警察本部に通達する。

 指針は、宮城県石巻市で今年2月、少女(18)が以前交際していた少年らに連れ去られ、少女の姉と友人の女性2人が殺害された事件や、3月に茨城県神栖市で、主婦(36)が、トラック運転手の元夫(40)に殺害された事件など、男女関係のもつれが悪質なつきまといに発展し、警察が相談を受けていながら犯行を未然に阻止することができなかったケースの再発防止策として、警察庁が検討を進めていた。

 石巻市の事件では、加害者の暴力被害について少女が再三、警察に相談していたが、被害届の提出はためらい、提出を決めた翌日に事件が起きていた。

 指針によると、ストーカーや配偶者間暴力(DV)で、被害者がけがを負わされていたり、身に危機が及んでいることが明らかで、殺害などの重大事件に発展しかねない場合には、被害届を受けなくとも、傷害や暴行などの容疑で加害者の逮捕を検討。一方で、加害者に対しても、言い分を聞きながら、加害行為を自覚させてエスカレートしないようにするなど踏み込んだ措置を求めている。

 また、届け出をためらう被害者が少なくないことから、被害者に対し、事態を放置すれば重大事件に発展する可能性を理解してもらい、一時避難する措置を積極的に講ずることも挙げている。

 傷害や暴行などは親告罪ではないため、被害届がなくとも立件できるが、実際の捜査では、被害者の処罰意志の有無が公判の結果を左右することから、検察庁との連携上、被害届を受けることが通例となっている。

【関連記事】
63歳女がストーカー容疑
元同級生、2審も懲役15年 ストーカー殺人で札幌高裁
DVの警察認知数、2.8万件で過去最多 殺人や未遂も44件
最もセクシーなキャスターに涙 ストーカー犯の判決受け
因縁つけタイヤパンクさせる 川越・鶴ケ島で連続6件

<馬淵副国交相>整備区間建設中止も…高速道に新たな枠組み(毎日新聞)
首相動静(4月18日)(時事通信)
脱税指南、八木被告「違反の認識なかった」(読売新聞)
全額公費で集団接種 栃木・大田原 小6子宮頸がん予防(産経新聞)
<テレビ朝日>通販商品 放送と仕様が異なり商品を再発送(毎日新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-04-23 02:18

<傷害>小3長男殴る…容疑の父逮捕 広島県警(毎日新聞)

 小学3年生の長男(8)の顔を殴るなどし、全治13日のけがをさせたとして、広島県警広島中央署は19日、父親の無職、川口正樹容疑者(37)=広島市西区上天満町=を傷害容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、今年3月14日から15日までの間、当時2年生だった長男の頭部を殴ったりけったりし、顔面打撲や首のねんざなどのけがをさせたとしている。川口容疑者は「勉強ができなかったから殴った」などと供述しているという。

 同署によると、川口容疑者は妻と子供3人の計5人暮らし。広島市児童相談所は3月16日に通報を受け、長男を保護。全身に10カ所以上のあざが確認された。同児相は同署に相談し、29日に刑事告発した。【中里顕】

帯状疱疹後神経痛治療剤リリカの承認取得―ファイザー(医療介護CBニュース)
<汚職>贈賄業者が経営再建狙い幸田町議に工作依頼か 愛知(毎日新聞)
障害者自立支援法訴訟7例目の和解 大津地裁(産経新聞)
65歳以上、過去最高の22.7%(医療介護CBニュース)
<ペット投棄>「被害者の会」発足 埼玉・三芳町で初会合(毎日新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-04-20 13:29

「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)

 「民主党介護を考える議員連盟」会長の石毛●子衆院議員は4月7日、キャリアブレインの取材に、「介護保険法は一つの道具。地域ソーシャル法のような、(高齢者を抱える)地域や家族を支える制度が必要だ」と述べた。

 石毛氏は「地域包括支援センターが地域支援の総合窓口として機能していない」と、現行の介護保険法による地域支援の限界を指摘。さらに「ケアワーカーやケアマネジャーなど職能ごとの支援内容にも限界があり、要介護者の家族や地域住民などへの支援も不十分」と述べ、地域を支えるための包括的な制度が必要だとの認識を表明した。

 また、「厚生労働省と国土交通省の連携をもっと厚くしていくべき」と述べ、高齢者向け住宅政策での両省による連携が必要だとの考えも示した。

 介護従事者の給与水準については、「働くことの納得感を得られる処遇への見直しが必要」と話した。

●は金へんに英


【関連記事】
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―民主介護議連・藤田事務局長
民主の介護議連が設立総会
改正介護保険法施行法が成立
民主党の介護議連が31日に発足
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長

<日本医師会館>火災、実は職員の不注意(毎日新聞)
新党応援、憂国の石原知事「血が煮えたぎっている」(産経新聞)
スーツケース遺体、33歳の韓国女性か(読売新聞)
遺族らが池袋駅でビラ配り=時効まで1年、情報提供求め−立教大生殺害事件(時事通信)
<宇宙飛行士候補>訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」(毎日新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-04-14 02:05

若林元農水相に懲罰動議 隣席の投票ボタン押す(産経新聞)

 参院民主党は1日、参院本会議の採決で隣席の議員の投票ボタンを押したとして、自民党の若林正俊元農水相の懲罰を求める動議を江田五月議長に提出した。

 若林氏は、3月31日の参院本会議でNHK予算案の採決の際、隣席の青木幹雄前参院議員会長の「賛成」ボタンを押した。青木氏は途中退席していて、席にはいなかった。

 この事実を確認した民主党は「前代未聞の不正行為を働いた。国会の議決を不正行為によってゆがめた恐ろしい事案だ」として、動議提出に踏み切った。

 若林氏の行為に対しては自民党内からも「立法府として許されない」などの厳しい声があがっており、進退問題に発展する可能性がある。

【関連記事】
異例の職員異動 原口総務相が釈明「更迭ではない」
自民・松浪氏、「確認書は偽物」 小沢氏側の不動産取引で挑発
「知事は与党と談合」民主・保母議員が栃木県議会で発言 
「かゆ強制は人権侵害」大阪弁護士会が大阪刑務所に勧告
懲罰委員長に河村氏 自公、衆院委員長を内定
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「ねつ造映像」流した米ABC 謝罪要求に応じず「だんまり」(J-CASTニュース)
<強盗>新婚旅行資金奪われる 路上で28歳女性 北九州(毎日新聞)
公的年金、資産構成変更せず=次期運用計画を認可−厚労省(時事通信)
北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
「内職で月10万円稼げる」と教材費詐取 5億2千万円被害か 元社長ら5人再逮捕(産経新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-04-08 23:32

足利事件 栃木県警が会見「改めておわび」(毎日新聞)

 足利事件の捜査検証報告書の公表を受け、栃木県警の滝沢依子警務部長と高久均刑事部長が1日、県警本部で記者会見し、菅家利和さんに対し「犯人でないのに虚偽の自白に追い込み逮捕し、長い間服役させてしまい、改めておわび申し上げる」と謝罪した。

 逮捕から冤罪(えんざい)が晴れるまで約18年かかったことについて、滝沢警務部長は「DNA鑑定結果への過信と過大評価、あるいは(取り調べに対する)迎合の可能性への留意が欠けていた結果。我々にとって背負っていかなければならない事実」と厳しい表情を見せた。一方、菅家さんが、取り調べ時に髪を引っ張られたなどと主張している点について滝沢警務部長は「聞き取りで元捜査員は強く否定しており、事実を確認できなかった」とした。【吉村周平、岩壁峻】

【関連ニュース】
足利事件:「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒
足利事件:捜査検証報告書を公表 DNA型鑑定を過大評価
足利事件:菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ
足利事件:「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で
足利事件:菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念

園田氏が離党届提出 自民前幹事長代理(産経新聞)
薬剤師国家試験、合格率2割近く減(医療介護CBニュース)
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ(医療介護CBニュース)
<普天間移設>北沢防衛相が沖縄知事に政府検討案説明か(毎日新聞)
チリ地震、津波の理解度まちまち 迅速な避難行動が大切(産経新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-04-05 22:14

<センバツ>開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)

 第82回選抜高校野球大会1回戦敗退後のインタビューで、「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言した開星(島根)の野々村直通(なおみち)監督(58)について、同校の大多和聡宏(あきひろ)校長は25日、「野々村監督から辞任の申し出があり、校長として了承した」と発表した。また、村本克(かつし)・野球部長(46)を当面謹慎処分にすることも決まった。

 松江市の同校で開かれた会見で、野々村監督は「古里を良くしようと思っていたが、逆の結果となり残念。大好きな島根を悪く言われることが最終的に一番つらかった」と辞任の理由を説明した。

 開星は大会第2日の22日、21世紀枠で出場した向陽(和歌山)に1−2で敗れた。野々村監督と大多和校長は23日、大会本部と向陽をそれぞれ訪ね謝罪。野々村監督は会見で、「向陽や21世紀枠制度を侮辱、批判するつもりはなかった」と話した上で、「もう一度やりたい」と監督続行の意向を示していた。【岡崎英遠、目野創】

邦人安否「確認中」=福山外務副大臣(時事通信)
肥満と麻薬中毒に同じ脳変化=ラット実験で裏付け−米研究所(時事通信)
発電用風車から健康に影響する低周波音(読売新聞)
伊勢湾フェリー 9月末で廃止 利用客が激減(毎日新聞)
<人事>文部科学省(毎日新聞)
[PR]

by did2zuaive | 2010-04-01 03:02